ホーム > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

昭和44年
株式会社大興ファコムデータセンターとして設立
昭和61年
郵政省:一般第二種電気通信事業者登録・認定(VAN)
昭和62年
第三者割当増資を実施(資本金:2億250万円)
平成 1年
社名を株式会社大和ソフトウェアリサーチに変更
平成 2年
システムセンター・研究拠点として千葉中央研究所(現システムサービスセンター)を竣工
通産省:システムインテグレータ(SI)登録・認定
平成 3年
通産省:情報処理サービス業情報システム安全対策実施事業所(千葉中央研究所)認定
通産省:システムインテグレータ(関東第67号)認定
平成 4年
オープンシステム系インテグレーション事業の強化
平成 7年
通産省:特定システムオペレーション企業(SO)認定
平成12年
第三者割当増資を実施(資本金:4億450万円)
平成13年
千葉中央研究所の名称をシステムサービスセンターに変更
平成15年
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)認証取得(対象事業所:システムサービスセンター)
平成17年
ISMSver2.0、BS7799-2認証取得(対象事業所:システムサービスセンター)
プライバシーマーク取得
平成19年
アウトソーシング事業拡大のため東京センターを開設
ISO/IEC27001認証取得(対象事業所:システムサービスセンター)
平成20年
金融系システム事業、アウトソーシング事業を強化
平成21年
アウトソーシング事業拡大に向け東京センターを増床
品質マネジメントシステム(ISO9001:2008)認証取得
登録組織:本社(アウトソーシング事業本部を除く)
平成23年
品質マネジメントシステム(ISO9001:2008)の登録組織を本社に拡大
平成24年
クラウドサービス事業の強化・拡大
平成25年
業容拡大のため本社を千代田区麹町から千代田区平河町に移転
経営、営業、事業の各企画業務強化のために「総合企画室」を設立
平成27年
業容拡大に伴い分室を開設