ホーム > ソリューション > 金融システムパッケージ > 投資信託 販売管理システム(HOP)

投資信託 販売管理システム(HOP)

投資信託の販売業務を広範にサポートする機能を圧倒的低コストでご提供するとともに、EUC用データ出力機能や、お客様独自ニーズに対応するカスタマイズを行う事で、お客様の既存システムとの連携を容易にした、投資信託販売管理システム『HOP』をご提供いたします。

『HOP』は投資信託の銀行窓販解禁(1999年)以降、多くのお客様の業務ニーズを組み入れながら、機能改善と拡張を実施し、長期間の安定運用を実現しております。
銀行系はもとより、保険会社、外資系の投資信託会社を中心に多くの導入実績がございます。(導入実績数:22社 ※2017年4月時点)

また、『私募投信』の直販業務で多数のご利用実績があり、『私募投信』販売の独特な業務に求められる機能も充実しております。

このようなお客様の声に、『HOP』はジャストフィットいたします

    投資信託の直販業務を検討している

  • 『HOP』は投信販売業務を行う上で、必要最低限の機能に絞り込まれたパッケージであり、スモールスタートビジネスに適しています
  • 投資信託の販売業務を縮小しており、現在は残高管理がメインの業務となっている

  • 『HOP』は大手システムに比べて、圧倒的な運用コストの低減が可能です
  • 独自の帳票や、自社専用の他システムとの連携を実現したい

  • 『HOP』はカスタマイズ頂く事を前提にした製品であり、お客様個別のニーズに柔軟に対応する事が可能です
  • 取扱い契約数が少ない為、EXCEL等で販売業務管理を行っているが、セキュリティや監査への対応が不安

  • 『HOP』は金融機関様に求められるセキュリティ要件に対応しています

特徴

私募投信販売業務に特化した機能

  • 全銘柄の基準価額発表を待つ必要なく、銘柄単位に約定処理が可能
  • 当日中の約定処理を実現(※基準価額が配信されてから、最短数分で約定処理完了)
    投資家様へは、約定日当日中に『取引報告書』の提供が可能
  • 約定結果に対する誤差修正が可能

カスタマイズ対応

  • お客様環境に応じた外部システムとの連携機能、各種管理帳票等、お客様業務にフィットする機能のカスタマイズが可能

専用サーバ不要

  • 『HOP』専用のデータベース、アプリケーションサーバは不要で、Microsoft OfficeがインストールされているOA端末での運用が可能

全体像

全体像

機能一覧

主要機能一覧

顧客管理 お客様の基本情報(名称、個人・法人、非課税区分等)を管理
銘柄管理 お取扱銘柄の基本情報(ISINコード、公募・私募区分等)、手数料率情報、決算情報を管理
取引管理 投資信託のお取引に係る情報(注文登録、基準価額登録、約定処理、入出金処理)を管理
情報照会 お客様毎のお取引・残高情報の照会、決算情報の照会、EUCデータの出力
レポート出力  法定帳簿を含む各種レポート
利用者ユーザ管理 HOPのオペレーションユーザのログインユーザ管理、ログイン履歴の管理
セキュリティ HOPシステムのロック機能、操作履歴の出力、ログインユーザ毎の利用機能制限
その他 HOP登録データのバックアップ機能

画面イメージ

画面1ログイン認証画面 画面2投資信託取引メニュー画面
投資信託販売管理に係る機能メニュー
画面3銘柄情報管理画面①
取扱銘柄の基本属性情報を管理

画面4銘柄情報管理画面②
取扱銘柄の決算情報を管理

画面5取引状況参照画面
取引履歴、残高状況を参照

稼働環境

下記ソフトウェアが稼働するクライアントPC1台
HOPはスタンドアローン形式で稼働します。
HOPアプリケーションファイルはクライアントPCにインストールする必要がありますが、HOPデータファイルについてはファイルサーバーに配置する事は可能です。
  • Microsoft Windows 7/10
  • Microsoft Access・Excel 2003/2007/2010/2013
    (※データベースオプションとしてMicrosoft SQL Serverを選択頂く事も可能です)
A4単票印刷のプリンター

資料請求

お問い合わせ